THAネットワーキング

入浴時の注意点

入浴は、股関節を深く曲げやすい動作がたくさんあります。特にシャワーイスに腰掛けるとき、浴槽に入るときは気をつけなければいけません。また、床に石けんやシャンプーなどが落ちていたため、滑って転んでしまうこともありますので注意しましょう。患者さんの状態は個人により異なります。浴槽には主治医の許可があってから入りましょう。
また、行う前に主治医もしくは担当の理学療法士(リハビリの先生)に相談した上で実施してください。

テープを貼っている方の足が手術した足です

シャワーイス

p83

洗い場で使用するイスは、通常の物より高さがあるものにしましょう高さの目安は、自分の膝の高さ以上です。

p84

また、足先や足裏を洗うときはボディ-ブラシを使う、タオルを足裏にかけて使うなどして、身体をかがまないようにしましょう

頭を洗うとき

p85 p86 p313

前かがみになると股関節が深く曲がってしまいます

→後ろ向きで洗うと洗う

もしくは首だけ曲げて洗いましょう

浴槽への出入り

○立ったまま入るとき

~入る~

p87

1.手術をしていない方の足から入ります

p88

2.手術をした足を曲げすぎないように浴槽に入れます

~出る~

p89

1.手術をしていない方の足から出ます

p90

2.手術をした足を曲げすぎないようにして浴槽から出ます

○浴槽の縁に腰をかけて入るとき

p91

1.手術していない方の足が浴槽側にくるように浴槽に腰をかけます

p121

2.手術をしていない方の足から浴槽に入ります

p92

3.手術をした足を浴槽に入れます

○浴槽内で

浴槽に入っている時は次のようにして股関節が深く曲がらないようにしましょう。

p122

・足を伸ばした姿勢をとる

・浴槽内にイスを置く