THAネットワーキング

かぜ、インフルエンザの予防

かぜの予防の1番は手洗いうがいです。食事の前や家に帰ってきたとき、手洗いうがいをしましょう。また、人混みに出るときはマスクをするようにしましょう。かぜやインフルエンザにかかったかもしれないと思ったときは、早めにかかりつけ医の診察を受けましょう。受診時には、人工関節が入っていることを医師に伝えましょう。

テープを貼っている方の足が手術した足です

手洗い

○手洗いのタイミング

○手洗いの方法

p113

1.手をよくぬらす

p114

2.ポンプ式の液体石けんを用いる

p115

3.15~30秒、泡をたてながら指先、親指、指の間、手首を意識して洗う
(ハッピーバースディ2回か、もしもしかめよ2回歌うと15~30秒になる)

※ 石けん液に触れている時間が大事です

※ 石けん液は薬用でなくても構いません

うがい

○うがいのタイミング

○方法

水だけのうがいでも構いません

  1. 口に水を含み、そのまま口の中で強めにクチュクチュしてはきだします
  2. 口に水を含み、上を向いて15秒ほど、なるべくのどの奥まで水が入るようにしてガラガラとして、はきだします。
  3. もう一度口に水を含み、上を向いてガラガラを繰り返します

マスク

○次の時はできるだけマスクをしましょう

○マスクの正しい着用方法

p116

1.マスクはできるだけ使い捨てマスクを使用します

p117

2.鼻と口を確実に覆いましょう。鼻の針金部分は鼻に合うように折り、アゴまで隠れるようにマスクを広げましょう

p119

3.マスク使用中はマスクの表面を触らないようにしましょう(触ったときは手洗いをしましょう

4.マスクが湿ってきたら、新しいマスクと交換しましょう

p118

5.マスクを外すときは、ゴムの部分を持って外し、ビニール袋かゴミ箱に捨てましょう

6.マスクを外した後は、手洗いをしましょう

※使い捨てマスクは再利用せず、一回使うごとに捨てましょう