THAネットワーキング

ノロウイルスの予防

冬季に流行しやすい感染症です。家庭でのノロウイルスの感染源として注意しないといけないのは「吐物」「ふん便」です。吐物を片付けたり、汚れた洋服を洗ったりする際に飛沫が飛び、感染の可能性があります。また直接吐物を触った人が、他のものを触ると、そこからまた汚染が拡がります。

感染の拡大を防ぐには、消毒と入念な手洗いが必要になります。

次亜塩素酸ナトリウム液(商品名:ハイターなど)の作り方

塩素濃度5%と10%のものがありますので、
必ず確認してから使用してください。

(消毒液の作り方)

消毒液の作り方 1000ppm消毒液 200ppm消毒液
5%原液の場合 50倍に希釈する 250倍に希釈する
10%原液の場合 100倍に希釈する 500倍に希釈する
使用する場所 吐物・便で汚染された場所や衣類の消毒 調理器具・床、トイレのドアノブ・便座など

例)500mlのペットボトルで1000ppmの溶液の作り方

p102

次亜塩素酸ナトリウム原液をペットボトルのフタ2杯(10ml)いれ、それをペットボトルに入れる

p103

水道水を入れて500mlにする

例)2リットルのペットボトルで200ppm溶液の作り方

環境の消毒の方法

p101

必要なもの:ビニール袋大2枚、使い捨て手袋2組(なければ小さいビニール袋を4枚)、次亜塩素酸ナトリウム液(塩素系の漂白剤)、マスク、ペーパータオル(新聞紙などでも可)

p104

1.ビニール袋小を手袋がわりにします(片手2枚ずつ)。
マスクがあれば装着してください

p105

2.ビニール袋大は中に入れやすいように袋をあけておきましょう

p106

3.吐物やふん便は使い捨てペーパーで飛び散らないように拭き取って、ビニール袋大の中に入れます。使用したペーパータオルと手袋がわりのビニール袋小1枚も一緒に中に入れ、口をしばります

p107

4.汚染物の入っているビニール袋大の中に次亜塩素酸ナトリウム液を入れます

p108

5.吐物が付着していた床とその周辺をペーパータオルでおおいます

p109

6.4に次亜塩素酸ナトリウム液(1000ppm)を静かにそそぎます

p110

7.10分ほどたったら床のペーパータオルをビニール袋大に入れる

p111

8.吐物の入ったビニール袋を6のビニール袋の中に入れ、手袋がわりのビニール袋小も中に入れる

p112

9.ビニール袋の口をしばる

10.手洗いをする

※次亜塩素酸ナトリウム使用時の注意点

次亜塩素酸ナトリウムを使用する場合は、商品に記載してある使用方法をよく確認して使用するほか、特に次のことに注意してください。

布や布団の消毒方法

必要な物:マスク、使い捨て手袋(なければ小さいビニール袋2枚)、洗濯用洗剤、熱水

  1. マスクと手袋をし、付着した汚物中のウイルスが飛び散らないようにビニール袋の中に処理した後、洗剤を入れた水の中で静かにもみ洗いします
  2. 下洗いした物は85℃・1分間の熱水洗濯が適しています
  3. 熱水洗濯ができない場、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)の消毒が有効です(十分すすぎ、高温の乾燥機などを使用すると殺菌効果が高まる。
    また、もみ洗いした石けん液には次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm以上)を加えて、10分間以上置いたのち、捨てること。)
  4. 布団などすぐに洗濯できない場合は、よく乾燥させ、スチームアイロンや布団乾燥機を使うと効果的です

ノロウイルスに感染したら…

ノロウイルスの主な症状は突然の激しい吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、悪寒、38℃程度の発熱で、嘔吐の数時間前から胃に膨満感やもたれを感じる場合もあります。かかりつけ医に相談しましょう。嘔吐と下痢で水分が失われます。水分補給、栄養補給が必要になります。