THAネットワーキング

水虫予防

foot2

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビが原因となりますが、付着してすぐに水虫になるわけではありません。

  1. 白癬菌が付着した
  2. 付着した白癬菌が24時間以上皮膚にとどまった
  3. 白癬菌が増殖しやすい環境(高温多湿など)にいた

などの条件を満たして発症しますので、予防できると考えられます。

予防法

注意しましょう

皮膚がひび割れたり、水ぶくれができてかゆくなったりした場合は水虫の可能性もありますので、皮膚科を受診するようにしましょう。受診時には人工関節が入っていることを医師に伝えましょう。